TOP 注目企業に突撃取材!
注目企業に突撃取材! Vol.3 株式会社ウェブスマイル
     
株式会社ウェブスマイル 代表取締役 渡辺英志

1973年、大阪府生まれ。近畿大学理工学部経営工学科卒業後、大手流通業のシステムを担当。2004年、ケータイの普及をみて可能性を感じ、ケータイソリューションを手がける会社に転職。その後web2.0の可能性と自身の幅を広げるために、ウェブ系の事業会社に転職し、取締役COOとして尽力。2007年、株式会社ウェブスマイルを設立。
 
株式会社ウェブスマイル 代表取締役 渡辺英志
一社員という意識でなく、一人の事業家として働いてください!
将来、起業を志す方も歓迎します。



 ウェブコンシェルジュ。渡辺社長は自らの仕事をこう呼ぶ。ウェブコンシェルジュとは、クライアント企業にベストマッチの戦略を立案し、それを実行するのにぴったりの企業をコーディネイトして、プロジェクトを進めていく人をいう。一つの会社ですべてをやるとおのずと限界ができてしまうが、それぞれの得意分野の精鋭部隊で仕事を進めていくと、相乗効果で予想以上のものができる。ウェブコンシェルジュというのは、お客様に常に最大・最高のものを提供したいと考える、渡辺社長が選んだスタイルなのだ。その仕事内容や適正のある人物像など、具体的に伺った。


 今の当社の仕事は主に3つです。システム、ケータイを絡める仕事が半分くらい。ほかに、モバイル広告事業と企画立案事業。企画立案事業は、ウェブ、モバイル、リアルが絡んできます。具体的に例を挙げて仕事の話をすると、今、大手ペット専門店の仕事をお手伝いしています。これは、販促の一つとして、モバイルを使っています。そこの会員さんがダウンロードして楽しめる、デコメールのテンプレートを作っているんですが、写真で撮ったワンちゃんや猫ちゃんたちを、いかにリアルに動かせるかにも、すごくこだわっています。仕事は細部まで、気を抜きません。また、ウェブだけでなく、東京モーターショーの演出、和風旅館をリラクゼーション・ホテルに改装するなど、リアルの企画やイベントも当社の得意とするところです。手がけたホテルは今、予約が取れないほどの人気です。


 ウェブとリアルの融合を、私は追求しています。先日も、東京コレクションに行ってきたのですが、こういうリアルイベントの空気感、立体感は、なかなかウェブでは表現できない。ウェブの面白さと、リアルイベントの面白さは、全然質が違うものですが、これを融合させた、新たな世界を作っていきたいですね。


 当社の仕事は、非常にフィールドが広い。「全部やります」という人でもOKですが、「システムに強い」「モバイル広告に強い」「企画に強い」など得意分野がある人も、各部署のリーダーとして求めています。採用基準はスマイルと人間性です。プロジェクトのリーダーとして、みんなを引っ張っていくわけですから、「この人のために頑張ろう」と思われる、人間としての魅力も必要だと思います。当社では、組織の一人というより、事業家として仕事をしてもらいたい。将来「起業したい」という志がある人も大歓迎です。



 数々の大きな仕事を成功させてきた渡辺氏であるが、印象はとても謙虚で穏やか。能力、仕事に対する情熱など、非常に高いものを人材に求めている同社であるが、「自分の力を信じてチャレンジしてみたい」という人には、まさにビッグチャンスといえるだろう。




株式会社ウェブスマイルの採用情報はコチラ
http://promo.m-s.co.jp/job/shp/pr0071/


広告掲載について会社概要プライバシーポリシー利用規約問合わせ
2006 M'SVISION ALL RIGHTS RESERVED.
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。